2017年9月17日日曜日

Wayland上でVLCがフリーズする

Wayland
Waylandとはディスプレイサーバーの1つであり、これまで多くのディストリビューションで使われてきたXサーバーの代替として開発されている。最近はGNOMEでWaylandがデフォルトのディスプレイサーバーとして使われるようになっており、多くのディストリビューションで採用され始めている。

Waylandは、Xサーバーと比較しても遜色ない程度に使えるようになってきているが、まだ所々不具合がある。最近、本格的にWaylandを使い始めて気づいた不具合について記事にしておく。


2017年5月5日金曜日

Linux上でiPhoneをバックアップする(Windows 10使用)

Linux上でのiPhone管理 関連記事
Linux上でiPhoneを管理する方法についての記事は、「LinuxでiPhoneを管理する」のページに、まとめてあります。

環境
この記事の内容は、以下の環境で実行した。

  • iPhone:iPhone 7
  • 仮想環境:VirtualBox
  • ゲストOS:Windows 10 (64 bit)
  • ホストOS:Arch Linux x86_64

Linux上のiTunesにiPhoneを接続する(Windows 10使用)

Linux上でのiPhone管理 関連記事
Linux上でiPhoneを管理する方法についての記事は、「LinuxでiPhoneを管理する」のページに、まとめてあります。

環境
この記事の内容は、以下の環境で実行した。

  • 仮想環境:VirtualBox
  • ゲストOS:Windows 10 (64 bit)
  • ホストOS:Arch Linux x86_64
  • ホストOSデスクトップ環境:GNOME

Linux上でiTunesを使う(Windows 10使用)

Linux上でのiPhone管理 関連記事
Linux上でiPhoneを管理する方法についての記事は、「LinuxでiPhoneを管理する」のページに、まとめてあります。

Linux上でiTunesを使う
Linuxをメインで使っていると、iTunesが使えないためiPhoneの管理で困る。現状、Linux上でiPhoneを管理するには、仮想マシン上のWindowsにiTunesをインストールして管理するしかない。Wine等のエミュレータでは、iTunesは完全には動かない。

この記事では、Linux上に仮想マシンを作成しWindowsをインストールし、iTunesを使えるようにする方法を解説する。

環境
この記事の内容は、以下の環境で実行している。
  • ゲストOS:Windows 10 (64 bit)
  • ホストOS:Arch Linux x86_64
  • 仮想環境:VirtualBox

2017年5月4日木曜日

LinuxでiPhoneを管理する(Windows XP使用)

Linux上でのiPhone管理 関連記事
Linux上でWindows XPを使用して、iPhoneを管理する場合は、本記事を参照してください。Linux上でWindows 10を使用して、iPhoneを管理する方法は「LinuxでiPhoneを管理する」のページにまとめてあります。

LinuxでiPhoneを管理する
Linuxをメインで使っていると、iTunesが使えないためiPhoneの管理で困ることになる。LinuxでiPhoneを管理するには、Linux上に仮想マシンを作成しiTunesをインストールするしか、今の所方法がない。

ここでは、Linux上の仮想マシンにiTunesをインストールし、iPhoneを管理できるようにする方法を以下の手順にまとめた。仮想マシン上でiTunesを使えるようになれば、iPhoneのバックアップ、iPhoneへ音楽の転送、iOSのアップデートなどがLinux上で行えるようになる。
  • ステップ1 | QEMU/KVM仮想マシンにWindowsをインストール
  • ステップ2 | 仮想マシン上のWindowsにiTunesをインストール
  • ステップ3 | Linux上でiPhoneを管理

また、使用している環境は以下の通り。仮想環境を使用しているため、他のOSや、他のバージョンのiTunes, iPhoneを使用しても問題なく動作すると思う。
  • iPhone: 5S
  • iTunes: Version 12.1.3
  • ゲストOS: Windows XP Home Edition SP3
  • ホストOS: Arch Linux x86_64
  • 仮想環境: QEMU/KVM