2018年1月13日土曜日

外出先からスマホでDIGAに録画予約|スマホの設定

DIGAにスマホ録画予約の関連記事
外出先からスマホでDIGAに録画予約するために必要な設定は、「スマホでDIGAに録画予約」のページにまとめてあります。準備するもの等まとめてますので、まずご一読ください。

スマホアプリのインストールと設定
ルーターのポート開放の設定が終わったら、最後にスマホの設定を行う。まず、アプリをインストールする。インストールするアプリの名前は、「Panasonic Media Access」。

Panasonic Media Accessをアプリのストアから探して、スマホにインストールする。


外出先からスマホでDIGAに録画予約|ルーターの設定

DIGAにスマホ録画予約の関連記事
外出先からスマホでDIGAに録画予約するために必要な設定は、「スマホでDIGAに録画予約」のページにまとめてあります。準備するもの等まとめてますので、まずご一読ください。

ルーターのポート設定
DIGAの設定が終わったら、次はルーターのポート開放の設定を行う。ルーターの設定は、ルーター本体に接続されたパソコンのウェブブラウザ(Internet ExplorやFirefox、Chromeなど)から行う。ルーターのポート開放はセキュリティ上リスクがある。そのことを理解した上で、設定を行う。

パソコンとルーターの接続は、LANケーブルの接続でも無線LAN接続でも、どちらでもよい。パソコンがなければ、ルーターに無線接続したスマホからでも可能。ただし、スマホからだとアドレスの入力が大変なので、パソコンを使うのがおすすめ。

まず、ルーターの設定ページにブラウザからアクセスする。設定ページのアドレスは、それぞれのルーターによって異なるためルーターの取扱説明書を確認する。ちなみに、BUFFALOのWSR-1166DHP2のアドレスは、192.168.11.1が設定されているので、ブラウザのアドレスバーに「http://192.168.11.1」と入力してエンターを押す。BUFFALOの製品であれば、ほとんどルータ本体のアドレスは、192.168.11.1に設定されていると思う。


外出先からスマホでDIGAに録画予約|DIGAの設定方法

DIGAにスマホ録画予約の関連記事
外出先からスマホでDIGAに録画予約するために必要な設定は、「スマホでDIGAに録画予約」のページにまとめてあります。準備するもの等まとめてますので、まずご一読ください。

DIGAとルーターをLANケーブルで接続
まず、DIGAとルーターをLANケーブルで接続する。DIGAのLAN端子とルーターのLAN端子を、ケーブルで接続する。

イメージ図


DIGA背面


ルーター背面


2017年12月28日木曜日

Windows 10で英数字を全角で入力する方法

Windows 10で英数字を全角で入力する
初期設定のWindows 10では、日本語入力の時の英数字が半角となっていたので、全角で入力できるように設定を変更した。その設定方法を記事にしておく。


初期設定のままだと、日本語入力モードで「Shiftキー」を押しながらアルファベットの大文字を入力しても、半角の大文字アルファベットが入力されてしまう。全角の大文字アルファベットを入力するためには、以下に解説する設定変更の必要がある。



高解像度でPDFを画像として保存(スナップショット)

Adobe Acrobat Readerで高解像度のスナップショットをとる
初期設定のままAcrobat Readerでスナップショットを取ると、解像度が低く荒い画像となってしまう。高解像度で画像として切り抜くためには、スナップショットの設定を変更する必要がある。

この記事の方法で設定を変更すると、PDFファイルをきれいに画像化できるようになる。