2015年1月12日月曜日

Arch Linux起動時にスプラッシュ画面でエラー | Failed to start Load/Save Screen Backlight Brightness of backlight:acpi_video0

Arch Linuxを起動させると、スプラッシュ画面でFailed to start Load/Save Screen Backlight Brightness of backlight:acpi_video0のような内容のエラーが出ていた。赤く[FAILED]と出ていたので、調べてみることに。アップデートで、また何か設定が変わったのか?

とりあえず、dmesgで確認したが、Backlightに関連するようなエラーはない。なので、systemdのログを調べてみることに。
$ jornalctl

...
systemd-backlight[342]: Failed to get backlight or LED device 'backlight:acpi_video0': No such file or directory
systemd[1]: systemd-backlight@backlight:acpi_video0.service: main process exited, code=exited, status=1/FAILURE
systemd[1]: Failed to start Load/Save Screen Backlight Brightness of backlight:acpi_video0.
systemd[1]: Unit systemd-backlight@backlight:acpi_video0.service entered failed state.
systemd[1]: systemd-backlight@backlight:acpi_video0.service failed.
...

Failed to get backlight or LED device 'backlight:acpi_video0': No such file or directoryらしい。ACPIは電源管理系のツール。ノートパソコン等で使うイメージがある。pacmanから確認すると、acpiパッケージはインストールされていない。

systemd-backlight@backlight:acpi_video0.serviceはシステム終了時に、ディスプレイの輝度を保存して、次回の起動時にディスプレイの輝度を終了時の輝度に合わせてくれるサービス。詳しくは、man systemd-backlight@.serviceを参照。設定値は、/sys/class/backlight/(または、/var/lib/systemd/backlight/?)に保存される。確認してみたが、自分の/sys/class/backlight/は空だった。

/usr/share/X11/xorg.conf.d/20-intel.conf に、Option "Backlight" "intel_backlight"を書くと直るとかいう情報も合ったので、試してみたが直らず。結局acpiパッケージをインストールしているシステム向けのサービスなのではないかという気がしてきた。別にディスプレイのバックライトの調節はディスプレイに付いているボタンからできるし、サービスを止めることに。このサービスについては、disableじゃなくmaskを使う。

systemdでサービスを停止
一応、状態を確認。systemd-backlight@backlight:acpi_video0.serviceはfailしている。
$ systemctl list-units --type=service

  UNIT                                              LOAD   ACTIVE SUB     DESCRIPTION
  accounts-daemon.service                           loaded active running Accounts Service
  avahi-daemon.service                              loaded active running Avahi mDNS/DNS-SD Stack
  colord.service                                    loaded active running Manage, Install and Generate Color Profiles
  dbus.service                                      loaded active running D-Bus System Message Bus
  dhcpcd.service                                    loaded active running dhcpcd on all interfaces
  gdm.service                                       loaded active running GNOME Display Manager
  haveged.service                                   loaded active running Entropy Harvesting Daemon
  kmod-static-nodes.service                         loaded active exited  Create list of required static device nodes for th
  org.cups.cupsd.service                            loaded active running CUPS Scheduler
  polkit.service                                    loaded active running Authorization Manager
  rtkit-daemon.service                              loaded active running RealtimeKit Scheduling Policy Service
● systemd-backlight@backlight:acpi_video0.service loaded failed failed  systemd-backlight@backlight:acpi_video0.service
  systemd-binfmt.service                            loaded active exited  Set Up Additional Binary Formats
...

サービスを読み込まないようにする。
# systemctl mask systemd-backlight@backlight:acpi_video0.service

Created symlink from /etc/systemd/system/systemd-backlight@backlight:acpi_video0.service to /dev/null.

これで、スプラッシュ画面で[FAILD]が出なくなった。Arch Linuxでディスプレイの明るさを調整する方法は、結局良く分からず。GNOMEの設定から、簡単に画面の明るさ調整出来たりするかと思いきや、そのような設定はなかった。GNOME 3.8あたりから、消えたっぽい?ノートPCを使うようになったら、調べる必要がありそう。試しに、xbacklightで輝度調整できるか確認したが、輝度調整できなかった。


参考:
[1]Backlight
[2]ACPI modules
[3]Failed to start Load/Save Screen Backlight Brightness after upgrade

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿