2015年1月11日日曜日

Crucial m4 CT256M4SSD2のファームウェアアップデート

かなり昔の話だけど、Crucial m4 CT256M4SSD2のファームウェアバージョンが0009以下の場合、使用時間が5184時間を超えるとSSDが認識されなくなるらしい。Windows向けのアップデートツールもあるが、Windows向けツールを使わないでアップデートする方法をまとめておく。

Crucialのウェブから、ファームウェアをダウンロードする。Live CD的なバージョン「Manual Boot File for Windows and Mac®」が公開されているので、これをダウンロードする。



BraseroでCDにイメージとして書き込む。




PCをシャットダウンして、ファームウェアを書き込んだCDをブートドライブとして選んで、ファームウェアアップデートツールを起動させる。起動させると以下のようなプロンプトが出てくる。


yesを入力するとファームウェアアップデートが始まる。


Revision is: 070H Finished.と表示されれば正常に完了。 ブータブルCDを取り出して、PCの電源ボタンを押して強制終了。PCを立ち上げれば、問題なくOSが立ち上がる。


参考:
[1]Crucialファームウェアダウンロード

0 件のコメント:

コメントを投稿