2015年9月25日金曜日

Mozc (mozc, ibus-mozc) のアップデートで日本語が打てなくなった

packerでパッケージのアップデートしたら、Mozcがアップデートされた。Mozcのアップデート後にキーボードレイアウトがusになり、日本語が打てなくなってしまった。半角/全角キーを押しても、日本語入力に切り替わらない。

以前の記事に書いたが、ibus-mozc環境でキーボードを日本語レイアウトで使うには、Mozcの設定ファイルを修正する必要がある。

ibus-mozcインストール直後に設定したMozc設定ファイルが、アップデートによって元に戻ってしまうので、再度設定しなければならない。Mozcのアップデート直後、キーボードレイアウトが勝手に変わって戸惑ったので、次回のアップデートですぐに思い出せるように、記事にしておく。

# 2015年末で、IBusモードはMozcの最新コードから削除されると、アナウンスされている。個人的には、ibus-mozcはデフォルトでGNOMEにアプレット表示され、気に入っていたため残念。2015年末でArch LinuxのAURからも、ibus-mozcは削除されてしまうのだろうか。

キーボードレイアウトがMozcによって上書きされてしまう原因は、以下のファイル。
$less /usr/share/ibus/component/mozc.xml 


  0.0.0.0
  com.google.IBus.Mozc
  New BSD
  /usr/lib/ibus-mozc/ibus-engine-mozc --ibus
  ibus-mozc
  Google Inc.
  http://code.google.com/p/mozc/
  Mozc Component


  あ
  80
  Mozc (Japanese Input Method)
  ja
  /usr/share/ibus-mozc/product_icon.png
  /usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=config_dialog
  default
  mozc-jp
  Mozc




このファイルの<layout>タグがdefaultになっていることにより、キーボードレイアウトがusに上書きされてしまう。defaultが参照している先の設定をjpにできればと思ったが、よくわからなかったので、直接このファイルを修正した。
# vim /usr/share/ibus/component/mozc.xml 

...
  jp ←defaultからjpに直す。
...

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿