2016年3月7日月曜日

アップデート後にVLCが起動しない

パッケージのアップデートをしたら、VLCが起動しなくなってしまった。調べてみると、segfaultを起こしている。
$ vlc

VLC media player 2.2.2 Weatherwax (revision 2.2.2-0-g6259d80)
[00000000012890c8] core libvlc: Running vlc with the default interface. Use 'cvlc' to use vlc without interface.
Segmentation fault (core dumped)

今回の場合、VLCを再インストールすることで元通り起動するようになった。

# pacman -S vlc

warning: vlc-2.2.2-2 is up to date -- reinstalling
resolving dependencies...
looking for conflicting packages...

Packages (1) vlc-2.2.2-2

Total Installed Size:  54.27 MiB
Net Upgrade Size:       0.00 MiB

:: Proceed with installation? [Y/n] y
(1/1) checking keys in keyring                                      [#####################################] 100%
(1/1) checking package integrity                                    [#####################################] 100%
(1/1) loading package files                                         [#####################################] 100%
(1/1) checking for file conflicts                                   [#####################################] 100%
(1/1) checking available disk space                                 [#####################################] 100%
:: Processing package changes...
(1/1) reinstalling vlc      

今回は試さなかったが、フォーラムにはVLCのキャッシュの再生成が有効であるとも書いてあった。
# /usr/lib/vlc/vlc-cache-gen -f /usr/lib/vlc/plugins


パッケージをアップデートした直後に起きたので、パッケージアップデートが原因だと思う。しかし、直前に行ったアップデートでは、vlcやらカーネル、pulseaudio、gnome-shellなど色々まとめてアップデートしたので、詳しい原因はよく分からない。


参考:
[1][solved] - vlc - non starter / Applications & Desktop Environments / Arch Linux Forums

0 件のコメント:

コメントを投稿