2016年5月15日日曜日

Linux上でiPhoneをバックアップする(Windows XP使用)

Windowsのバージョンについて
仮想マシンのゲストOSとして、Windows 10等の新しいバージョンを使用する場合は、「Linux上でiPhoneをバックアップする(Windows 10使用) | 普段使いのArch Linux」のページを、参照してください。

iTunes, iPhone関連記事
Linux上でiTunes, iPhoneを使う方法についての関連記事は、「LinuxでiPhoneを管理する」にまとめてあります。以下の手順に進む前の、参考にしてください。

iPhoneのバックアップ | コンピュータ上へバックアップ
iTunesでiPhoneを管理する前に、まず以下の手順でバックアップを行う。操作が失敗したときであっても、バックアップから復元できるようにする。iTunesから何か操作する前に、必ず行っておいたほうが良い。

はじめに、コンピュータ上へのバックアップについて説明する。

まず、「iTunes, iPhone関連記事」を参考にして、仮想マシン上にインストールしたiTunesとiPhoneを接続した状態にする。


iTunesのツールバーの「iPhone」をクリックして、iPhoneの管理画面に移る。


左カラムの「設定」が有効になっている状態で、ウィンドウが切り替わるので、バックアップのペインの「このコンピュータ」を選択。「今すぐバックアップ」をクリック。


iPhoneのバックアップが開始される。


初めてのバックアップでは、30分〜1時間程度かかるので、iPhoneを接続したまま待機する。

iPhoneのバックアップ | iCloud上へバックアップ
iTunesを使えば、iCloud上へバックアップをとることもできる。iPhoneをiTunesに接続した状態で、バックアップのペインの「iCloud」にチェックを入れて、「今すぐバックアップ」をクリックする。


これで、iCloud上へのバックアップが開始される。





参考:
[1]LinuxでiPhoneを管理する | 普段使いのArch Linux

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿