2016年12月30日金曜日

OpenVPNの設定ファイルの保管場所とデーモンの名前の変更

OpenVPN 2.4.0での変更点
OpenVPNが2.4.0にアップデートされたことで、設定ファイルの保管場所とデーモン(systemdのユニット)の名前が変更になったとのアナウンスがあった。OpenVPNの機能面では、以下のような変更があった。(「OpenVPN 2.4.0 リリース | OpenVPN.JP」より)
パケットのフォーマットの変更
パケットデータに接続先ID(peer-id)のデータが含まれるようになった。
データチャネルの暗号化処理の改善
クライアント/サーバー間のCipherがネゴシエートされるようになった。
認証トークン機能の実装
再接続時に初回のユーザーパスワードではなく、認証トークンで認証処理を行う機能が追加された。

設定ファイルの保管場所

設定ファイルの保管先は、以下の通り変更されている。

変更前
/etc/openvpn/
変更後
/etc/openvpn/server/ または /etc/openvpn/client/

プラグインのパスも変更された。

"The plugin lookup path changed, remove extra plugins/ from relative paths."

とのことなので、プラグインが保管されているパス(相対パス)から、「plugins/」を削除する必要がある。

デーモンの名前の変更

デーモン(systemdのユニット)の名前も変更になった。

変更前
openvpn@.service
変更後
openvpn-client@.service と openvpn-server@.service

今回のアップデートは、networkmanager, connman or qopenvpnに対しては、影響はないとのこと。



参考:
[1]Arch Linux - News: OpenVPN 2.4.0 update requires administrative interaction

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿