2017年5月5日金曜日

Linux上でiPhoneをバックアップする(Windows 10使用)

Linux上でのiPhone管理 関連記事
Linux上でiPhoneを管理する方法についての記事は、「LinuxでiPhoneを管理する」のページに、まとめてあります。

環境
この記事の内容は、以下の環境で実行した。

  • iPhone:iPhone 7
  • 仮想環境:VirtualBox
  • ゲストOS:Windows 10 (64 bit)
  • ホストOS:Arch Linux x86_64

Linuxの仮想マシン上のiTunesとiPhoneを接続する
Linux上に仮想マシンを作成し、仮想マシン上にiTunesをインストールすることで、Linux上でiPhoneを管理することができるようになる。

まず、「Linux上のiTunesにiPhoneを接続する(Windows 10使用) | 普段使いのArch Linux」のページに従って、Linux上のiTunesとiPhoneを接続する。

iPhoneのデータをバックアップする
iPhoneとiTunesが接続できたら、iTunes上の左上の「iPhoneのマーク」をクリック。


iPhoneの情報が表示されるページに移動したら、「このコンピュータ」と「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れて、「今すぐバックアップ」をクリック。「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れることで、アカウントのパスワード、ヘルスケアデータ等の秘匿にすべき個人情報もバックアップすることができる。


iPhoneのバックアップが開始される。バックアップが終了するまで、このまま待つ。




参考:
[1]LinuxでiPhoneを管理する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿