2018年1月13日土曜日

外出先からスマホでDIGAに録画予約|ルーターの設定

DIGAにスマホ録画予約の関連記事
外出先からスマホでDIGAに録画予約するために必要な設定は、「スマホでDIGAに録画予約」のページにまとめてあります。準備するもの等まとめてますので、まずご一読ください。

ルーターのポート設定
DIGAの設定が終わったら、次はルーターのポート開放の設定を行う。ルーターの設定は、ルーター本体に接続されたパソコンのウェブブラウザ(Internet ExplorやFirefox、Chromeなど)から行う。ルーターのポート開放はセキュリティ上リスクがある。そのことを理解した上で、設定を行う。

パソコンとルーターの接続は、LANケーブルの接続でも無線LAN接続でも、どちらでもよい。パソコンがなければ、ルーターに無線接続したスマホからでも可能。ただし、スマホからだとアドレスの入力が大変なので、パソコンを使うのがおすすめ。

まず、ルーターの設定ページにブラウザからアクセスする。設定ページのアドレスは、それぞれのルーターによって異なるためルーターの取扱説明書を確認する。ちなみに、BUFFALOのWSR-1166DHP2のアドレスは、192.168.11.1が設定されているので、ブラウザのアドレスバーに「http://192.168.11.1」と入力してエンターを押す。BUFFALOの製品であれば、ほとんどルータ本体のアドレスは、192.168.11.1に設定されていると思う。


すると、ルーターの設定ページへのログイン画面が表示されるため、ユーザー名とパスワードを入力する。ルーターの初期設定のユーザー名とパスワードは、取扱説明書にかかれている。初期設定から変更していなければ、取扱説明書の値を入力し、「ログイン」ボタンをクリックする。


設定ページに移行したら、「詳細設定」をクリック。


左の「セキュリティー」、「IPフィルター」をクリック。パナソニックの「IPアドレスとポートの設定ページ」に記されている、IPアドレスとポートの組み合わせを許可する。


例えば、次のようなIPアドレス、プロトコル、ポートの組合わせの場合、

 サーバーIPアドレス
 プロトコル
 ポート
 114.179.237.36
 TCP
48443 

以下のように、動作、方向、IPアドレス、プロトコルを設定し、「追加」をクリックする。ただし、「Internet → LAN」と「LAN → Internet」の2方向について「通過」の設定をする必要がある。

すなわち、方向を「Internet → LAN」とする場合は、IPアドレスの送信元に「114.179.237.36」を入力し、宛先は空欄にする。そして、方向を「LAN → Internet」として、IPアドレスの送信元を空欄、宛先に「114.179.237.36」を入力する。


すべての設定が完了すると、設定は以下の通りとなる。




参考:
[1]スマホでDIGAに録画予約

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿