2018年4月2日月曜日

USBメモリからUbuntuが起動できない時の対処法

USBメモリからUbuntuが起動できない
最近のPCは光学ドライブが付いていないものが多く、USBメモリからOSをインストールしなければならないPCも増えている。また、USBメモリは光学ドライブに比べて、読み込み速度、書き込み速度が速い等のメリットがあるため、光学ドライブが付いているPCを使っていてもUSBメモリからOSをインストールしている人もいると思う。

USB経由のOSのインストールは便利だが、USBメモリからOSをインストールする時と、光学ドライブからインストールする時では手順が異なることも多い。USBメモリからOSを起動するには、OSのisoファイルをUSBメモリに書き込む方法や、UEFI BIOSの設定など注意しなければならいポイントがある。これらの注意点を知らないでいると、USBメモリからのOSの起動に失敗してしまう。

USBメモリからUbuntuをインストールする機会があった。その際気づいた、USBメモリからUbuntuを起動させる上で、注意すべき点をこの記事にまとめてみた。


インストール環境の確認
今回、USBメモリからUbuntuをインストールする際に使用した環境は、以下の通り。もちろん、この環境でなければUSBメモリからUbuntuを起動できないわけではないが、参考のため載せておく。

ハードウェア環境
  • パソコン: デスクトップPC
  • インストールメディア: USBメモリ(Transcend 8GB USB 2.0, TS8GJF500)
  • マザーボード: ASUS P8 Z77-M PRO
  • UEFI BIOSバージョン: 2203

ソフトウェア環境
  • インストールOS: Ubuntu 16.04 LTS(Ubuntu Desktop 日本語 Remix)
  • インストールモード: UEFIモード

USBからUbuntuが起動できない時は、USBメモリからのUbuntuのブートに失敗しているケースが多いと思う。USBメモリからUbuntuをブートできない時は、以下の注意点をそれぞれ確認してほしい。

注意点1|isoファイルの書き込み方法
USBメモリからUbuntuをブートするには、UbuntuのisoファイルをUSBメモリに書き込む方法に注意しなければならない。一般のファイルなどと同様に、UbuntuのisoファイルをUSBメモリにコピーしただけでは、UbuntuをUSBメモリから起動することはできない。

USBメモリをブート可能なUSBメモリ(=Live USB)にするためには、特別な方法でisoファイルの書き込む必要がある。Ubuntuのisoファイルの書き込みは、WindowsでもLinuxでも可能。ただし、Windowsを使った場合と、Linuxを使った場合で書き込む方法が異なる。

以下のリンクにWindowsを使った場合と、Linuxを使った場合のUbuntuのLive USBメモリの作成方法をまとめたので、参考にしてほしい。

Windowsの場合
Windows 10でUbuntuのインストール用USBメモリを作成 | 普段使いのArch Linux

Linuxの場合
Linux上でisoファイルからUbuntuのLive USBメモリを作成する方法 | 普段使いのArch Linux

注意点2|UEFI BIOSの設定方法
最近のPCには、UEFI BIOS(昔で言うところのBIOS)が搭載されている。USBメモリから、Ubuntuを起動するにはUEFI BIOSの設定にも注意する必要がある。

Ubuntuはセキュアブートにも対応しているので、セキュアブートを有効にして起動もできる。しかし、セキュアブートを有効にすると起動に問題が生じることも多いので、ここではセキュアブートを無効に設定する「Windows 10 - USBデバイスなどからの起動方法 | サポート 公式 | ASUS 日本」)。

また、Ubuntuの起動方法は、UEFIモードで起動する設定とする。UEFIモードは、古いBIOSモードよりメリットが多いので、UEFIモードで起動するのがオススメ「Windows 8.1クロスロード:第9回 UEFIサポートとセキュアブート (1/2) - @IT」)。

UEFI BIOSの設定画面を起動
UEFI BIOSの設定を行うには、PCを起動してから「F2キー」や「F12キー」を押して設定画面に入る。この時、Ubuntuのisoファイルを書き込んだUSBメモリはPCに接続しておく。


UEFI BIOSが起動したら、画面左下の「Advanced Mode」をクリックして、詳細な設定ができるモードに移動できる。「Advanced Mode」から、UEFI BIOSの具体的な設定を、以下の流れで行う。

Secure Bootモードの解除
セキュアブートでは、ウィルスなどによるブートコードを変更する操作が禁止されるため、システムはより安全になる。しかし、セキュアブートに対応していないOSが、起動できなくなるという支障なども発生させる。ここでは、セキュアブートは無効とする。

セキュアブートを無効にするために、「Bootのタブ」→「Secure Boot」をクリックしてSecure Boot menuに入る。


「OS Type」の項目を、「Other OS」に変更する。「Other OS」という表記だが、Secure Boot OFFの意味。デフォルトでは、Windows UEFI modeになってSecure BootがONになっていた。


CSMモードを有効にする
Secure Bootを無効にした時は、 Compatibility Support Module (CSM) を有効にしておいた方がよい。CSMを有効にしておくことで、UEFIドライバーを持たないデバイスとの互換性を向上させることができる。

「Bootのタブ」を選び、「CSM」をクリックしてCSMの設定ページに移る。


「Launch CSM」の項目を「Enable」にする。デフォルトでEnableになっていた。


「Boot Device Control」の項目がある場合は、「UEFI only」にするとブートドライブからUEFIモードのブートローダーのみ起動されるようになる。「UEFI only」にして、もし起動に不具合があったら、「UEFI and Legacy OpROM」にする。


その他、「Boot from Network Devices」、「Boot from Storage Devices」、「Boot from PCIe/PCI Expansion Devices」は「UEFI driver first」にする。もし、ブートや起動中のOSに不具合があったら、「Legacy OpROM first」を選択する。


設定の保存とインストールメディアの起動
UEFIモードで起動するには、BootデバイスをUEFIモードのデバイスに設定しておかなければならない。設定は、「Bootのタブ」から「Boot Option Properties」の「Boot Option #1」を選択。


UEFIの表示がある「インストールメディアを入れたUSBメモリ名」を選択。今回は、TranscendのUSBメモリを使用しているので、「UEFI: JetFlashTranscend 8GB」を選択。#2以降の順番は重要ではない。インストーラーがUEFIモードで起動していないと、UbuntuはBIOSモードでインストールされてしまう。したがって、Boot Menuで必ず「UEFI: ~」と表示されたインストーラーが入ったドライブを選択する!


これで設定は終わったので、画面右上の「Exit」を選択し、「Save Changes & Reset」を選択する。すると、UEFI BIOSから抜け出し、USBメモリからUEFIモードで、Ubuntuのインストーラーが起動する。


上記の設定をしてもUbuntuが起動しなかったら
もし、Ubuntuが、USBメモリからUEFIモードで起動しなかった場合は、Boot MenuからUbuntuが入っている、UEFI表示付きのUSBメモリを直接選択する。


注意点3|PCがUSBブートに対応しているか
最近のPCであれば、BIOS(UEFI BIOS)からUSBを認識できるようになっている。BIOSがUSBドライバを持っており、USBメモリを認識できるためである。

しかし、使っているPCがあまりに古いとUSBを認識できず、USBメモリからOSをブートすることができない。使っているPCがUSBからのブートに対応しているかどうかは、PCやマザーボードの説明書を読んで確認する。もし、PCがUSBブートに対応していない場合は、使っているPCを新しいものに買い換えなければばらない。

また、BIOS上のUSBの設定が原因で、USBメモリからOSをブートできないことも考えられる。UbuntuをUSBメモリから起動できない場合は、BIOSのUSBの設定を確認してみる。

ASUSのMBでは、BIOSのAdvancedのタブにUSBの設定がある。


Ubuntuを問題なく起動できた時のBIOSのUSBの設定は、以下のようにであった。デフォルトの設定から、特に変更していない。


USBからブートできるようになったら
USBからUbuntuをブートできるようになったら、PCにUbuntuをインストールできるようになる。USBメモリからUbuntuを起動してPCにインストールする方法は、以下の記事にまとめたので、インストールまで行いたい人はこの記事を参考にしてほしい。

2018年3月23日
USBメモリからUEFIモードでUbuntuをインストールする | 普段使いのArch Linux



参考:
[1]Homepage | Ubuntu Japanese Team
[2]第415回 Ubuntuを実機にインストールする際に注意すべきこと:Ubuntu Weekly Recipe|gihyo.jp … 技術評論社
[3]USB の問題のトラブルシューティングインテル® デスクトップ・ボード

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿